ごあいさつ

豊かな知性と誠実な心を持ち、社会に貢献できる人材を育成致します

 本校は、創立36年目を迎え、地道な努力を継続して、毎年着実に成果を上げています
普通科に加えて、三河地区の私学で唯一電気科と情報処理科を設置して実技実習を中心としたキャリア教育を実践しています。
 『豊かな知性と誠実な心を持ち社会に貢献できる人材を育成する』という建学の精神のもと、創立以来社会に有為な人材を送り出して来ています。教育目標の『進路目標の達成』『資格取得の奨励』『部活動の推進』の三本柱のもと、生徒及び教職員が一丸となって頑張っています。
 これからの時代は、「AIによる変革」の時代と言われています。創造性や考え抜く力が求められます。高校時代に多くの知識を学び、体験を積むことにより『自分の考えを主張』でき、自分らしく生きる道をみつけてほしいと思います。
 本校では、落ち着いた環境の中で一人一人の個性を伸ばす指導、自己実現できる指導、きめ細やかな指導を行ってまいります。

愛知産業大学 三河高等学校
校長近藤 彰

教育理念

建学の精神として、
『豊かな知性と誠実な心を持ち、社会に貢献できる人材を育成する』を掲げ、父母、社会に対する報恩感謝の念を保持し、21世紀の日本を支える青年の育成をめざしてます。