ごあいさつ

豊かな知性と誠実な心を持ち、社会に貢献できる人材を育成致します

平成26年4月から校長に就任いたしました木村 誠一です。微力ではありますが、三河高校のために力を尽くしますので、よろしくお願いいたします。
『豊かな知性と誠実な心を持ち社会に貢献できる人材を育成する』という建学の精神のもと、創立以来社会に有為な人材を送り出して来ています。教育目標として『進路目標の達成』『資格取得の奨励』『部活動の奨励』の三つの柱をたて、生徒及び教職員が一丸となって頑張っています。
教育も量より質が問われる時代となりました。平均寿命が長くなり、高齢化社会が到来している今日、高校生活の3年間は人生の中に占める時間としては短いかも知れませんが、人生における自己実現の重要な時期である点では、それ以前の義務教育期間以上に中身の濃さが求められる時期です。『自分に合った高校で、力を伸ばすことができた。』こうした卒業生たちの言葉は、教育に携わる者として何にもかえがたいものです。
本校では一人ひとりの生徒が自分の花を咲かせることができるよう、自己実現に向けてサポートするとともに、きめ細かな指導をおこなってまいります。

愛知産業大学 三河高等学校
校長木村 誠一

教育理念

建学の精神として、
『豊かな知性と誠実な心を持ち、社会に貢献できる人材を育成する』を掲げ、父母、社会に対する報恩感謝の念を保持し、21世紀の日本を支える青年の育成をめざしてます。