電気科

認定電気工事従事者38名取得

本校電気科生徒38名が認定電気工事従事者の資格を取得しました。

認定電気工事従事者の免状を手にする1・2年生(1年生3名・2年生19名)

 

この資格は、第一種電気工事士試験に合格した者が、申請により認定されるものです。

第一種電気工事士の免状を取得するためには、試験に合格してから5年以上の実務経験が

必要であり、免状が交付されるまでの期間にも電気工事の仕事に従事できるようにする

ために定められた資格です。

今回、認定電気工事従事者の資格を取得した生徒は、500kW未満の自家用電気工作物

(ビルや工場などの大規模な電気設備)の低圧側(600V以下)を対象とした電気工事の

仕事に従事することができるようになりました。