在校生 : 情報処理科

「つかう側」から「つくる側」へ。
三河高校は、自分が将来やりたいことに出会えます。
情報処理科卒 渡辺 淳一さん

パソコンについて深く学べるので三河高校を選びました。中学の時の部活ではじめてパソコンに触れ、インターネットに興味を持ち、その後、自分のホームページを作ったんです。これまでは独学でしたが、高校に入ってからは先生にどんどん質問できるので技術が向上しました。

「つかう側」だけではなく「つくる側」のことに興味を持つようになり、「ソフトウェア開発技術者」という国家試験の勉強をしています。合格よりも、国家試験の勉強を通してソフトウェア開発について学んでいます。

三河高校は個性的な先生方やクラスメートに恵まれ、いろいろな分野を知り、しっかりとした将来の目標を持つことができました。プログラマーやシステムエンジニアをめざし、「つかいやすい」と思ってもらえるものを作りたいです。

毎日が楽しいことばかり。
情報処理科ではどんどん技術が身につきます。
情報処理科卒 小松 彩香さん

最初は全然パソコンを扱うことができませんでした。でも授業を受けているうちに、自然とキーボードを見なくても打てるように。パソコンに慣れていない人でも、基礎からちゃんと教えてくれるので安心です。一人一台パソコンを使えるから、集中して練習できるのが魅力です。

自分を高めるためにも資格は取ったほうがいいと思います。例えば秘書検定では基本的なマナーや言葉遣いを学ぶことができ、社会に出てもきっと役立ちます。検定前は補習があるので、わからないところや苦手なところを理解できるまで質問することができます。それに先生方は親身に相談にのってくださるので頼りになります。

卒業後は、取得した資格を活かせる事務系の職に就いて、エキスパートをめざします。