内定者 : 情報処理科

◇トヨタ自動車(株) 情報処理科 大見 涼香さん (安城市立安城北中学校)

 私は二年生の始めの頃、無理だと言われていたトヨタ自動車を目指すことを決めました。世界中の人が乗っている車を造ることにロマンを感じたからです。しかし、一年生の頃私は目標が定まらず、何となく一日を過ごしていました。

 皆を見返すため、目標を実現するために担任の先生、進路の先生、部活動の先生等に言われた事を全て実行する事にしました。テスト週間の勉強時間を増やし、成績を上げ、検定試験にも積極的に取り組み、日商簿記検定に挑戦し合格することが出来ました。さらに、今までに経験の無かった学級委員を務めました。

 そんな努力が実を結んで見事内定をもらうことができました。私がここまで努力できたのは、支えてくれる人や無理だと言いながらも協力や、応援をしてくれた人が居たからです。支えてくれた全ての人達の誇りになれるようにこれからもいろいろな事に挑戦していきたいです。

◇アイシン機工(株) 情報処理科 加藤 秀崇さん (岡崎市立東海中学校)

 私は、情報処理科に入って資格をたくさん取ることを目標に頑張ってきました。日々の授業や補習でしっかり勉強したことでたくさんの資格を取ることができました。

 また、部活動ではソフトボール部のキャプテンとしてチームをまとめてきました。リーダーシップをとるのはとても大変でしたが、リーダー経験が少なかった私には良い経験だと思い最後まで頑張りました。勉強と部活動の両立を諦めず頑張り、第一希望の会社から内定をいただくことができました。多くの先生方と面接訓練を行い、良い結果となり、とても嬉しかったです。支えてくれた先生方に感謝しています。

◇フタバ産業(株) 情報処理科 谷川 大暉さん (岡崎市立福岡中学校)

 私は、高校に入学した時から、就職しようと考えていました。そのため、三年間を無遅刻・無欠席を目標にして来ました。一年生の時から、バトミントン部で頑張り、二年になってからはクラス上位の成績を取り続けることが出来ました。そのため、フタバ産業の校内選考に通ることが出来ました。その他に、三年間、クラスの代表として級長をやりました。その結果、就職試験の面接で、スムーズに話す事ができました。

 私を評価してくださった先生方や、会社の方の期待を裏切らないようにしたいです。そのために、高校生活で学んだ事を仕事に生かして行きます。